スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪日帰り・舞洲工場を外から見学!


こんばんわ、水喜です。

先日、所用で大阪に日帰り旅行してきました。

ちょこっと時間があったので、以前から行ってみたかった舞洲工場を見て来ました。

150117_舞洲工場_01

予め申し込めば内部を見学できたのですが、今回は外から外観を見学です。



舞洲工場は大阪市のごみの焼却施設。
見所は、オーストリアの芸術家フンデルトヴァッサー氏のデザインです。

フンデルトヴァッサーwiki

「ジブリ好きも共感!直線嫌いの芸術家『フンデルトヴァッサー』とは…」 (NAVERまとめより)

フンデルトヴァッサー氏は絵画作品もとっても素敵なんです。




さて、舞洲工場

150117_舞洲工場_02

どど〜んと迫力!

150117_舞洲工場_03

150117_舞洲工場_04

150117_舞洲工場_05

150117_舞洲工場_06


大きな道路を挟んで、舞洲スラッジセンターもフンデルトヴァッサー氏のデザイン。

150117_舞洲工場_07

150117_舞洲工場_08





写真だと伝わらないもどかしさ…

この建物が発する、違和感とエンターテイメント感は刺激的でした^^

一緒に行った友人は、フンデルトヴァッサーを知らなくても興奮していました。

「かわいい!」 「おもしろい!」 「すごい!」

そういった熱量があるんだな〜。


150117_舞洲工場_09




数年前、大阪市の財政難の報道が多かった時期。

この建物にかかった費用が問題視されたのを思い出します。

そんな話をしていたら、一緒に行った関西出身の友人は、

「この建物はとても大阪っぽい!」

「こうゆうものは東京じゃ作れない!」

確かに…

この企画が通る懐の深さ…大阪っぽい!

そして、建物から感じる熱量は、

大阪の「ど派手にやってやろうぜっ!」という心意気との相乗効果なのかもしれない!


誰かの心を「感動」させるもの。


そういったものは誰もができることではないと思います。

誇りにして大切にして欲しいと思いました。

そして、日本でフンデルトヴァッサー氏の作品を見れる幸せ。

この舞洲工場を作ってくれてありがとう!

いつかオーストリアへも行きたい!



舞洲工場はちょっと行きづらい場所にあるので、見学できて本当に嬉しかったです^^





水喜結太加


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

瑞絵-mizue-

Author:瑞絵-mizue-
イラストレーター・瑞絵と
マンガ家・水喜結太加のブログ
お仕事や日々のつれづれを綴ってゆきます。

ご連絡は下のメールフォームからどうぞ☆
リンクはご自由に(連絡不要)
すべての画像、文章、データの複製・転載を禁じます。

カテゴリ
つぶやき@mizue_mae
Pixiv
最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。