スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つの言葉

今回は自分のことを少し☆

私がものをつくる際に指針としている3つの言葉があります。


① 「あなたのことを考えればわかるんです」
(「働きマン」1巻-P172:安野モヨコ)
働きマンの主人公・松方弘子が、担当となった作家に投げかけた言葉。
この言葉が作家を口説き落とすことになり、考えた戦略はベストセラーを生みます。

「考えればわかる」

シンプルだけど、本当に考えればわかる。何事も。
わからないのは、
途中で考えを放棄しているから。
答えに辿り着く要素が足りていないから。

でも、女の子の「わからなぁ~い♥」を訳すると、
「(それについてはノーコメントです。)」という場合があります(笑)




②「出し惜しみしないこと」
これは、作家の向田邦子さんが橋田壽賀子さんに言った言葉。
(何年か前のTV番組で橋田壽賀子さんが言ってました。)

これを転じて、「頭の中にあることはどんどん出した方がいい」と気づきました。
頭はある一定量の思考しかできないので、同じ事をいつまでも抱えていない方がいい。
ノートにメモしたり、作品にしたり、頭の中から出してしまえば、
空いたところに新しいものを取り入れる余地ができ、新たな思考スペースができ、
そして、新しいアイデア、作品が産まれる。

「何事も出し切らないと先に進めない。」

インプットとアウトプットの法則。
全身の細胞が3ヶ月で入れ替わるように、思考も代謝させないと!




③「駄作を作る勇気」
言うまでもなく、島本和彦先生の「吠えろペン」の名ゼリフです。
しかしこの作品、締めは「駄作に慣れたら終わり」とカッコいいんです。

創作物には本当にたくさんの「葛藤」が詰まっています。
その「弱さ」も「強さ」も完成した作品からにじみ出るから「魅力的」になる。
制作中は辛い!楽しいけど辛い!
くじけそうになったら「駄作を作る勇気」で乗り越える!

そして、全力で作品を完成させたら、

「評価は外に任せる!」

これに限ります。
自分が「イマイチ」と思ったものが意外と評判良かったりします。
(もちろん「最高!」と思ったものが評価される事もたくさんあります!)

作りたいものを作る!
それを手に取った人々が喜んでくれる!
とても原始的で素朴で、最高に幸せな循環。
このキャパを広げたいと思うのは傲慢でしょうか?






オマケ
Twitterのアイコンとバックグラウンド用に描いたイラスト☆

20131103_Twitter_topm.jpg


自分のオヤジ趣味が滲み出てて怖い(笑)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

瑞絵-mizue-

Author:瑞絵-mizue-
イラストレーター・瑞絵と
マンガ家・水喜結太加のブログ
お仕事や日々のつれづれを綴ってゆきます。

ご連絡は下のメールフォームからどうぞ☆
リンクはご自由に(連絡不要)
すべての画像、文章、データの複製・転載を禁じます。

カテゴリ
つぶやき@mizue_mae
Pixiv
最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Access counter
Online counter
現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。